政治

【森喜朗】嫁との馴れ初めは?潔癖症で一喝されても愛妻家!ラブラブエピソードも紹介

森喜朗何かと失言が多く世間を騒がせている森喜朗氏。

失言会見のあとの謝罪会見では「嫁や孫に叱られた」とご家族の話題も口にされることが多い印象ですが、実は愛妻家!

そんな森喜朗氏の奥さん(嫁)とは一体どんな方なのでしょうか?

実は森喜朗氏は、意外?にも潔癖症であることで有名なのですが、そのことで奥さん(嫁)に一喝されたこともあるそう。

こちらでは、森喜朗氏の嫁との馴れ初めや愛妻家エピソードをご紹介していきたいと思います!

森喜朗|嫁との馴れ初めは?

森喜朗森喜朗氏の嫁は千恵子さんといいます。

年齢は千恵子さんの方が半年ほど年上の姉さん女房。

お二人が出会ったのは2人が通う、早稲田大学の「東南アジアからの留学生との交流を深める」というサークルでした。

ラガーマンだった森喜朗氏は早稲田大学のラグビー部に所属していたものの、身体を壊し断念しています。

当時、その「東南アジアからの留学生との交流を深める」サークル活動で初めて千恵子さんを見た森喜朗氏は、

あなた、お国はどちらですか?

と尋ねたといいます。

千恵子さんは水泳をされており真っ黒に日焼けしていたことから、森喜朗氏が東南アジアからの留学生と勘違いしたことがきっかけで親しくなります。

森喜朗氏がラグビーを断念していなかったら、お二人の出会いはなかったのかも知れません。

森喜朗は意外?にも潔癖症だった!


嫁・千恵子さんによると森喜朗氏はかなりの潔癖症さらに整理魔でwikipediaにも掲載されるほど。

一部、ご紹介したいと思います。

今でも寝る前に翌日着る服を下着からきちんと順番通りに枕元に置いて寝るらしい。机の上もすぐに整理してしまうとのこと

なんだか、とても意外な印象です。

そんな森喜朗氏を妻の千恵子さんはどう思っているのでしょうか?

時には一喝されてしまうこともあるようです。

森喜朗|一喝されても愛妻家!ラブラブエピソードを紹介

森喜朗なにかと失言多い森喜朗氏。

問題発言があった後の謝罪会見やインタビューでよく「妻に叱られた」と口にしています。

潔癖症すぎる夫・森喜朗氏に対し千恵子さんは、

「そんな細かいこと、男の人が言うものじゃありません」

と一喝したこともあるそう。

半年とはいえ、さすが姉さん女房です。

それでも森喜朗氏、実は愛妻家としても有名なのです。

出張などで自宅を離れた際には、

「元気かな?」

と1日一回以上、電話を入れているといいます。

かなりの愛妻家ですね!

一方の妻・千恵子さんもそんな夫を影で支え続けてきました。

さらに、2021年2月、森喜朗氏が女性を軽視する差別発言をしたとし謝罪会見を開きました。

その会見当日の朝のことを森喜朗氏はコメントで以下のように述べています。

妻の千恵子さんは、

「謙虚にやりなさいね」

と激励の言葉をかけてくれたといいます。

さらに男性1人、女性5人の森家では、常に何かと1対5になるようですが、会見当日の朝は違いました。

妻の千恵子さんは、

「2対4よ、うちは」

といい、励ましてくれたそうで、

「うれしかったですね。心強い激励だと思って」

と妻は自分の支えとなってくれていることを語りました。

一方、妻の千恵子さんも代議士夫人の会では、

「子供のためにも死ねるけれど、夫のためにも死ねるわ」

と公言。

今でもラブラブのご夫婦のようですね。

さいごに

森喜朗氏の妻・千恵子さんとの馴れ初め、愛妻家エピソードをみてきました。

一見、亭主関白にも見える森喜朗氏ですが、実は愛妻家。

一方の妻・千恵子さんも夫を支え続けています。

何かと心労が多い森喜朗氏ですが、千恵子さんが心の支えになっていることでしょう。

何かと問題発言が多い森喜朗氏ですががんで闘病〜透析も!気になる方はこちらから↓

森喜朗
【画像】森喜朗氏が激痩せ!がん再発から透析治療のせい?顔色も悪く大丈夫?の声2020年・東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を務める森喜朗会長。 連日テレビでは見ない日がないほど多忙で、...