タレント

【加藤シゲアキ】小説の評価や評判は?文才がすごいと話題!きっかけについても

加藤シゲアキNEWSのメンバー・加藤シゲアキさんはアイドルと小説家という二足のわらじで活躍をされています。

ジャニーズで小説家、しかも2020年1月に発表される直木賞の候補にもノミネートされています!

そんな加藤シゲアキさんの小説の評価や評判はどうなのでしょうか。

やはり文才がすごい?

そして加藤シゲアキさんが小説を書くようになったきっかけについてもみていきたいと思います。

   

加藤シゲアキの小説一覧

まず、加藤シゲアキさんが出版された小説をみていきたいと思います。

  • ピンクとグレー
  • 閃光スクランブル
  • Burn. ―バーン―
  • 傘をもたない蟻たちは
  • チュベローズで待ってる【AGE22・AGE32】
  • オルタネート(2020年11月19日 新潮社 )

そして、最新作「オルタネート」においては直木賞候補作品となっています。

これまでに多くの小説を出版されている加藤シゲアキさんですが、小説の評価や評判についてみていきたいと思います。

加藤シゲアキの小説|評価や評判は?

加藤シゲアキさんの主な小説の評価や評判について世間の方の声をチェックしてみたいと思います。

オルタネート|直木賞候補作品

チュベローズで待ってる

ピンクとグレー

もう本物の小説家だという声があります。

とても面白くて小説の世界に引き込まれてしまうという方も!

中でも「チュベローズで待ってる」の評判が特に高いように思います。

チュベローズは、ホストにスカウトされた男性の物語になっています。

2015年秋、僕はホストにスカウトされた――。
歌舞伎町の夜に交わる男と女のミステリー巨編

引用元:Amazon

こうして数々の作品を手がけてきた加藤シゲアキさん。

ここまでにたら文才が素晴らしい!という一言に尽きるのですが、やぱりもともと文才があったのかもしれません、




加藤シゲアキはやっぱり文才がすごい?

では、加藤シゲアキさんはやはり文才がすごいのでしょうか。

加藤シゲアキさんの最終学歴は青山学院大学法学部卒ととても優秀なのです。

では、なぜ加藤シゲアキさんは小説を書くようになったのでしょうか。




加藤シゲアキが小説を書くようになったキッカケは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

加藤シゲアキ(@shigeaki.katou)がシェアした投稿

加藤シゲアキさんがそもそも小説を書くようになったキッカケは何だったのでしょうか。

NEWSは現在、メンバーが3人となってしまいましたが、

もともと山下智久さんや錦戸亮さんといった主力メンバーが脱退していくことで、

今後のグループの存続などの不安要素が出てきたといいます。

そして自分にしかできないことをやりたいと思うように・・・

もともと文章を書くことが好きで文才もあった加藤シゲアキさんは、その才能を生かして小説を書くようになりました。

それが本格化しついには出版。

もし、直木賞を受賞したら、小説家だけで生活していけそうですね。

さいごに

NEWSのメンバー・加藤シゲアキさんの小説の評価や評判について見てきました。

さすが直木賞候補にノミネートされるだけあり、文才もありますし世間の評価や評判も上々でした。

2020年1月、直木賞の発表が待ち遠しいですね。