俳優

吉岡秀隆の元嫁は内田有紀で馴れ初めは?離婚理由は性格の不一致でDVの噂も?

ミュージシャンでもあり、主に俳優として活動されている吉岡秀隆(よしおかひでたか)さん。

2022年12月16日公開の映画『Dr.コトー診療所』に出演しています。

番宣のため、フジテレビ系バラエティ番組『人志松本の酒のツマミになる話』に出演することでも話題となっていますね。

放送は映画公開日と同じ、2022年12月16日となっているので、どんな裏話が聞けるのか楽しみです。

今回は吉岡秀隆さんの元嫁、女優の内田有紀さんとの馴れ初め。また、離婚理由と言われている性格の不一致やDVの噂を調査していきます。

吉岡秀隆の元嫁は内田有紀だった

吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

吉岡秀隆さんの元嫁は、女優の内田有紀さんでした。

2人は、2002年12月に結婚しましたが3年後の2005年12月21日に離婚しています。

内田有紀は吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

内田有紀さんは結婚を機に芸能界を一時引退し、主婦業に専念することになりました。

芸能界を引退したのは吉岡秀隆さんの希望によるものと当時は言われていましたが、

芸能界復帰後のインタビューで内田有紀さん自ら家庭に入ることを決めたことを語っています。

“復帰後に雑誌のインタビューに応じた内田有紀本人曰く、「二兎を追う者は一兎をも得ず」との自身の考えから、家庭に入ることを決断した”

引用:https://anincline.com/uchida-yuki/

『二兎を追うものは一兎をも得ず』と話しているのを聞くと、内田有紀さんは厳格な性格なのかもしれませんね。

美男美女カップル誕生として世間から祝福を受けた吉岡秀隆さんと内田有紀さん。

どんな馴れ初めで結婚に至ったのかを見ていきましょう!

吉岡秀隆と内田有紀の馴れ初め

吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

吉岡秀隆さんといえば子役時代から出演している、『北の国』からシリーズ。

吉岡秀隆さんが黒坂純役として出演した作品はこちらです。

北の国から(1981年 – 1982年)

北の国から’83 冬(1983年)

北の国から’84 夏(1984年)

北の国から’87 初恋(1987年)

北の国から’89 帰郷(1989年)

北の国から’92 巣立ち(1992年)

北の国から’95 秘密(1995年)

北の国から’98 時代(1998年)

北の国から2002 遺言(2002年)

1981年から20年以上も出演し続けているというのは、凄いことですね。

そんな吉岡秀隆さんが内田有紀さんと出会ったのは、『北の国から2002遺言』での共演でした。

内田有紀さんが北の国から2002遺言で演じたのは、吉岡秀隆さんと恋仲になる高村結役です。

内田有紀
引用:https://www.google.com/search

劇中でも最終的に結婚することとなった2人は、撮影を重ねていくうちに本物の恋心が芽生え、現実世界でも交際に発展。

吉岡秀隆さんと内田有紀さんは2002年12月7日の挙式前に記者会見を行い、正式に結婚を発表しました。

内田有紀
引用:https://www.google.com/search

北の国から2002遺言の放送は2002年9月6日なので、撮影がきっかけで交際に発展したのであれば、交際期間は短いように感じますね。

2人の結婚式は、北の国からの舞台になっている北海道富良野市で執り行われました。

内田有紀と吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

北海道富良野市で行われた理由は、北の国からも関係していますが、内田有紀さんの、

『雪の降る中でウェディングドレスが着たい』

という願いを叶えるためだったそうです。

男性としては絶対に叶えてあげたくなるような、とてもロマンチックなお願いですね。

そして驚くべきは、結婚式の演出を北の国からの原作者である倉本聰さんが手掛けていること。

倉本聰
引用:https://www.google.com/search

冬期シーズンは閉まっている富良野プリンスホテルを特別に借りた会場で執り行われた結婚式。

ブールには橋のようなバージンロードを架け、チャペルも倉本組が建てた特別仕様に仕上げられたとのこと。

子役時代から北の国に出演していた吉岡秀隆さんを可愛がっていた倉本聰さん。

本当の子供を祝福するかのように、かなり手の込んだ結婚式に仕上げてくれたようです。

吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

沢山の人に祝福されて結婚した吉岡秀隆さんと内田有紀さんですが、残念なことに3年後の2005年12月に離婚することとなりました。

理由を見ていきましょう。

吉岡秀隆と内田有紀の離婚理由は性格の不一致でDVも?

吉岡秀隆
引用:https://www.google.com/search

吉岡秀隆さんと内田有紀さんが離婚した理由に、『性格の不一致』や『DVがあった』などの噂が出ています。

本当なのか調べてみたところ、信憑性のない情報である可能性が高かったことが分かりました。

実際に2005年12月21日に夕刊フジが出した離婚報道を見てみると。

”「吉岡さんは映画・ドラマの収録で家を空けることが多く、その間に内田さんが家を守ってくれることを期待していたが、内田さんがその孤独に耐えられなかった」”

引用元:https://true-bow.com/uchadauki-yoioka/#i-2

吉岡秀隆さんは結婚した2002年の翌年から『Dr.コト―診療所』に出演しています。

Dr.コト―診療所のロケ地は沖縄県与那国島ということで、撮影中はほとんど家に帰れず、夫婦での生活時間がとれなかったようです

引用:https://www.google.com/search

Dr.コトーシリーズの放送日程をまとめてみました。

Dr.コトー診療所     : 2003年7月~9月

Dr.コトー診療所特別編  : 2004年1月

Dr.コトー診療所2004     : 2004年11月

Dr.コトー診療所2006     : 2006年10月~12月

結婚を機に芸能界を引退していた内田有紀さんは、専業主婦として家庭に入っていましたので、家で孤独に過ごす時間が長かったことがわかりますね。

寂しさが募って、離婚に至ったというのは信憑性がありそうです。

引用:https://www.google.com/search

噂になっている性格の不一致というのは、離婚に至った経緯もあり、理由の1つにあるかもしれませんが、

一番の原因は吉岡秀隆さんが撮影によりほとんど家を空けていたことにあるようでした。

もともと芸能界の最前線で活躍していた内田有紀さん。

離婚後の2006年にはドラマ『誰よりママを愛す』で女優としての活動を再開しています。

引用:https://www.google.com/search

その後の生き生きとした様子をみると、離婚により自分が輝ける場所を取り戻すことが出来たように思えます。

吉岡秀隆さんも離婚により仕事が減ることは無く、Dr.コトーの続編や他の映画、ドラマで活躍を続けています。

一概に離婚が悪いものであったとは言えないのかもしれませんね。

まとめ

今回は吉岡秀隆さんについて調査してきました。

吉岡秀隆さんは北の国からの共演がきっかけとなり、2002年12月に内田有紀さんと結婚していることが分かりました。

北の国からの舞台になっている北海道富良野市での結婚式は、かなり盛大なものになったようでしたね。

2005年には離婚していますが、噂となっているDVなどはなく、吉岡秀隆さんが撮影により家を空けることが多かったことが離婚理由のようです。

離婚後には内田有紀さんも仕事を再開しており、吉岡秀隆さん含め2人とも仕事が順調に行っているようで良かったと思います。

今後も末永いご活躍を期待しています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

error: クリックできません