著名人

【画像】植田和男の嫁(妻)植田敬子の学歴や経歴が凄すぎた!子供はいる?

日銀・黒田総裁の後任として、植田和男(うえだかずお)さんが新総裁に起用されることが発表され話題となっています。

植田和男さんは経済学者として有名ですが、家族構成などはあまり知られていません。

嫁(妻)の植田敬子さん優秀な学歴と経歴が凄すぎると話題の人物なので調査してみましょう。

最後には子供についても触れていきたいと思いますのでお楽しみに。

では、さっそく行ってみましょう。

【画像】植田和男の嫁(妻)は植田敬子で年齢は?

頭脳明晰」おじも期待 日銀次期総裁に牧之原市出身・植田和男氏起用へ「びっくりしかない」「明るいニュース」地元沸く | SBS NEWS | 静岡放送  | 静岡県内ニュース・天気
引用:https://www.google.com/search

2023年4月から新総裁となる予定の植田和男さん。

植田和男さんは東京大学で教授として長く活躍する一方、経済に関する著書を多数出版している経済学者です。

そんな植田和男さんの嫁は、植田敬子さん(うえだけいこ)さん。

詳細のプロフィールは公表されていませんでしたが、兵庫県出身で1951年生まれということが分かりました。

2023年2月現在で考えると年齢は71歳若しくは72歳になっていると思われます。

夫の植田和男さんも1951年生まれなので同年代の夫婦ということですね。

引用:https://www.google.com/search

植田和男さんも高齢とは思えないスタイリッシュイケメンですが、嫁の植田敬子さんも年齢を感じさせない可愛らしい雰囲気の女性ですね。

夫婦で歩いていたら、絵になりそうな綺麗な2人。

植田和男さんは東京大学の教授として活躍し、植田敬子さんも日本女子大学の教授を務めた方。

散歩中の夫婦の会話は、常人には理解できない内容のものかもしれませんね。

植田和男氏、バランス感覚に定評 日銀布陣「絶妙に考えられている」:朝日新聞デジタル
引用:https://www.google.com/search

植田敬子さんは経済学で博士号を取得しており、経歴には応用ミクロ経済学が専門と書かれていました。

学生時代から経済学について学んできたのでしょうか?

植田敬子さんの学歴を見ていきましょう。

植田和夫の嫁(妻)植田敬子の学歴は?

日銀総裁に植田元審議委員を起用、副総裁に内田、氷見野両氏-報道(Bloomberg) - Yahoo!ニュース
引用:https://www.google.com/search

植田和夫さんの嫁・植田敬子さんの学歴を見ていきましょう。

学歴について調べてみたところ、出身の小学校から高校までの情報は出ていませんでした。

植田敬子さんは兵庫県出身で1973年に京都大学の経済学部を卒業しています。

京都大学の経済学部の偏差値は65~67.5ということで、学生時代から才女であったことが分かりますね。

京都大学「就職先企業・団体」ランキング2021!【全20位・完全版】 | 親と子のための大学研究2023 | ダイヤモンド・オンライン
引用:https://www.google.com/search

京都大学卒業後の進路情報が出ていませんでしたが、経済学の修士号を大阪大学でとられているようなので、大阪大学の大学院に進学している可能性が高いです。

詳細を調べてみましたが大阪大学へ進学したことが分かる正式な情報が出ていないので、確実とは言えませんね。

植田敬子さんの学歴を調べていて驚いたのは、1999年にマサチューセッツ工科大学の大学院を卒業していること。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の魅力とは?科学、工学分野で世界最高峰。 | Kaplan公式ブログ
引用:https://www.google.com/search

マサチューセッツ工科大学といえば有名なノーベル賞受賞者を多数輩出している全米屈指のエリート名門校。

そこに40台後半で進学していることを考えると、一般の方とは違う人生を生きているように感じますね。

マサチューセッツ工科大学でも経済学について学ばれており、専門は『労働経済学と応用ミクロ経済学』ということでした。

凄いのは学歴だけではないようなので、経歴も見ていきましょう。

植田和夫の嫁(妻)植田敬子の経歴が凄すぎた!

植田和男氏「日本の経常収支、高齢化の影響これから」 - 日本経済新聞
引用:https://www.google.com/search

植田敬子さんは1973年に京都大学を卒業し、その後に大阪大学大学院経済学の研究を目的に進学していると思われます。

大学院の修士課程が2年間と考えると、1975年若しくは1976年には卒業しているでしょう。

大学院後の経歴について調べてみると、少し空白が空きますが1981年から京都産業大学の専任講師を担当していたことが分かりました。

植田和男の家族構成|妻・植田敬子も経済学者。子供の存在は謎…? | ふかぼりブログ
引用:https://www.google.com/search

1985年には京都産業大学の助教授になっており、1990年までの5年間勤めあげています。

”経歴 (2件):

1985 – 1990 京都産業大学 助教授

1981 – 1985 京都産業大学 専任講師”

引用:https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=200901007464599196

1990年以降の情報は出ておらず、1999年にマサチューセッツ工科大学の大学院を卒業し、経済学の博士号を取得しています。

植田和男さんも28歳でマサチューセッツ工科大学に進学していることを考えると、すでに夫婦となっていた状態で夫から勧めれて進学したのかもしれませんね。

博士号取得後は日本女子大学家政学部の教授として活躍。

教鞭を執るだけではなく、論文の執筆書籍の出版各種講演なども行っていたようですね。

こちらが書籍の出版なども含めた、植田敬子さんの活動を一覧にしたものです。

書籍 (4件):

地域間再分配政策の検討(朝倉書店 2002)

家族形態の変化と失業の実態(朝倉書店 1999)

Measurement of Japanese Lifetime Employment System Frontiers of Japanese Human Resource Practices 1997

家族の変化の実態(朝倉書店 1994)

講演・口頭発表等 (5件):

女性農業委員に期待される役割(埼玉県農業会議主催女性農業委員研修会 2010)

農業委員へのアンケート調査から(平成21年度関東ブロック活き活き女性交流会 2010)

男女共同参画関連調査・分析事業報告ー農業委員へのアンケート調査を中心に(2009年度女性農業者支援調査関係事業報告シンポジウム 2010)

地域農業・農村の活性化に向けた女性農業委員への期待~農業委員へのアンケート結果を踏まえて(平成21年度女性農業委員活動推進シンポジウム 2010)

都市住民にとっての農業・農村活性化の意義と女性の果たす役割(平成19年度近畿農政局男女共同参画推進本部「男女共同参画セミナー」 2008)

Works (4件):

千葉県八千代市「農業見学会と交流会」講師 2012年6月27日

千葉県八千代市「農業見学会と交流会」講師 2011年9月12日

千葉県八千代市「農業見学会と交流会」講師 2010年11月29日

農村地域における男女共同参画推進に向けてー女性農業者支援調査関係事業のうちの男女共同参画関係調査・分析事業平成21年度報告書 平成21年度

経済学者として研究するだけではなく、現場に出て活動されていたことが分かる経歴ですね。

経済学だけではなく、農業にも精通しているというのは驚きました。

植田和男さんだけではなく、嫁の植田敬子さんも凄い人であることが分かりましたが、多忙な2人に子供は恵まれたのでしょうか?

詳細を見ていきましょう。

植田和男に子供はいる?

植田和男氏の日銀総裁起用にロイター通信「ダークホースとしても名前が挙がっていなかった」 - サンスポ
引用:https://www.google.com/search

植田和夫さんと植田敬子さんの間に子供がいるか調べてみましたが、2023年2月には情報は出ていませんでした。

2人が結婚した時期なども情報は出ていないので、なんとも予測しづらいところですね。

もし子供がいるようならば、母親である植田敬子さんマサチューセッツ工科大学進学前には、ある程度の年齢になっていなければ留学は難しいはず。

日銀総裁に植田和男氏=元審議委員の経済学者―副総裁は氷見野、内田両氏・岸田首相方針 = 政治 - 写真 - goo ニュース
引用:https://www.google.com/search

植田敬子さんが1981年に京都産業大学の専任講師となる前の5年間ほど、経歴に空白があるため、その間に結婚や子育てをしていた可能性はあると思います。

空白期間中の植田敬子さんの年齢が25歳から30歳くらいであることを踏まえると、当時の2人に子供に恵まれていてもおかしくはないですね。

そこから考えると、1975年から1980年くらいに生まれた子供であれば、マサチューセッツ工科大学へ植田敬子さんが留学した時には、子供が大学生になっている年齢。

植田和男の家族構成|妻・植田敬子も経済学者。子供の存在は謎…? | ふかぼりブログ
引用:https://www.google.com/search

植田敬子さんがマサチューセッツ工科大学へ留学したのは、子育てが終わってひと段落がついたからとも考えられますね。

しかし情報が出ていない以上、すべて憶測になってしまいますので今後の最新情報に期待が集まります。

2023年4月に植田和男さんが新総裁となり情報がアップデートされていくはずなので、楽しみに待っていることにしましょう。

まとめ

今回は日銀の新総裁として名前が挙がった植田和男さんの家族について調査してきました。

植田和男さんの経歴も凄いですが、嫁の植田敬子さんも学歴、経歴ともに凄かったですね。

夫婦ともにマサチューセッツ工科大学の卒業生というのは、一般の家庭ではありえないように感じます。

日本の経済に大きな変化を与えるであろう日銀総裁の変更。

新総裁の手腕に期待しつつ、プライベートな情報も出てくることを楽しみにしています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。