スポーツ

大八木弘明監督(駒大)檄名言集|パワハラなのでは?との声も!その内容とは

大八木弘明2021年の箱根駅伝で優勝を果たした駒澤大学。

駒澤大学といえば、大八木監督!

そして大八木監督の檄(げき)が毎回注目されています。

一部では選手を讃える檄がパワハラなのでは?という声もありますが、反対に檄を楽しみにしている方も。その檄には、名言ともいわれているほどなのです。

では、名言といわれている檄(げき)の内容とは?

こちらでは駒大・大八木監督の檄(げき)名言を集めまとめてみました。

   

大八木監督(駒大)の檄(げき)が話題!

箱根駅伝で毎年注目を浴びている駒澤大学の親木監督の檄(げき)。

毎年、その檄を楽しみにしている箱根駅伝ファンもいるくらいなのです。

大八木監督の檄に憧れて入部を決めた部員もいるほど。

また選手の心に強く響いている印象です。

それでも、パワハラなのでは?という声があるのも事実なのです。

大八木監督(駒大)の檄はパワハラ?との声も

一方、大八木監督の檄(げき)はパワハラなのでは?といった声も実際にありました。

やはり、聞く人によってはパワハラと捉えてしまうかもしれません。

ただ、選手のことを想った愛のある檄だと思うのです。

一時期はこの檄(げき)が問題となり解任?との噂も出たほど。

しかし、解任はなく継続されています。

ただ、檄(げき)は多少は大人しくなったともいわれていますね。

大八木監督の檄は選手をはじめ世間の多くの方には愛のある檄として認識されていました。

実業団入りし東京オリンピック2020に出場が決まったマラソンの中村選手も、大八木監督のもとで練習をしています。

また大八木監督を慕って駒澤大学の陸上部へ入部を志望する選手もいるほどです。

それに、パワハラだと思う方はあえて入部をして来ないのでは?と思いました。

それでは、名言ともいわれている大八木監督の檄をいくつか集めてみましたので、ご覧ください。

大八木監督(駒大)の檄・名言集

では、名言が多いといわれる大八木監督の檄をまとめてみました。

まず、一番有名な檄はやはりコレではないでしょうか。

男だろ!!!

このほかにも、

  • 白バイを抜け!
  • おい、いいか、腕を大きく振らなきゃ足は前には進まん!
  • もうここまで来たら区間賞!足とかなんとか関係ない!
  • 少し離れたぞ!離れた!離れた!離れた!離れた!離れた!よし!
  • 練習は嘘をつかんぞ!
  • 男だったら抜けよ!男の意地だ!
  • ハイ!ごくろうさんごくろうさん
  • 前を追いかけても全然背中が見えない。それでも気持ちが切れない選手が強いんだ。

そして2021年の箱根駅伝ではテレビ局の中継車にも檄が・・・!

実際に動画でもみてみましょう。

「テレビカメラさん、前に行ってください」

「危ないので前に行ってください」

「危ないから前行けって言ってんだろ!!!」

ついにはテレビ中継車まで?

しかし、これは「危ないから」といってくださっているのに言うことを聞かないテレビ中継車が悪いです。

つい口調が荒くなってしまっていますが、事故が起こっては大変です。

これって、パワハラではないですよね。

危ないから注意をしてくださっているのですよね。

ただ、この檄も大八木監督の名言の一つに確実に刻まれたことでしょう。

そして、さいごはやはりこちら。

  • 箱根駅伝だけはごまかしがきかない」

こちらは、書籍「箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉」(講談社)にも掲載されています。

ごまかしがきかないほど、何が起こるかわからないのが箱根駅伝。これまでの練習の成果を発揮しなさいということなのかも知れません。

まさに「練習は嘘をつかんぞ」です。

さいごに

駒澤大学の大八木監督の檄(げき)についてみてきました。

一時期はパワハラなのでは?とも言われていましたが、全ては選手のことを想った檄であるといえるでしょう。

また名言ともいわれる檄(げき)をまとめてみましたが、どれも愛のある檄であると思いました。

大八木監督の檄で2022年はぜひとも完全優勝をしていただきたいですね。

駒澤大学のエース・田澤廉さんはなぜ駒沢に?気になる方はこちらから↓

田澤廉
田澤廉はなぜ駒沢大に?動機は中村匠吾と大八木監督にあり!その理由とは駒澤大学のトップランナー田澤廉選手。現在、駒澤大学の2年生です。 2020年の箱根駅伝で19歳の一年生で箱根デビュー。 7区...