東京五輪2020

山本智大|彼女や結婚はしてる?父親の経歴がすごい!バレーのきっかけについても

yamamoto-tomohiro

東京オリンピック2020において、全日本男子バレーボールの守護神を務めている、山本智大(やまもと ともひろ)さん。

ポジションはリベロを担っています。

強豪相手チームの強烈なスパイクをレシーブしたりと正に日本の守護神です。

時には雄叫びをされることも。

そんな守護神、山本智大さんは結婚されているのでしょうか?

彼女は?

そして山本智大さんの父親もバレーボールをされており、その経歴がすごいのです。

こちらでは、山本智大さんが結婚されているのか、彼女は?

さらに父親の経歴をはじめ、山本智大さんがバレーボールを始めたきっかけについてもみていきたいと思います。

山本智大wiki風プロフィール

名前 山本智大
生年月日 1994年11月5日(26歳)
出身地 北海道江別市
愛称 トモ
身長 171cm
体重 69kg
所属 堺ブレイザーズ
ポジション L(リベロ)

山本智大は結婚してる?彼女は?

山本智大さんはバレーボール界のイケメン守護神で人気がありますが、

現在(2021年7月現在)ご結婚はされているのでしょうか?

こちらについては、ご結婚されているという情報はありませんでした。

しかし、彼女は?

こちらもリサーチしたところ、彼女らしき女性がいるという情報がなく、

インスタも更新頻度は少なめ?のようで、プライベートな画像は掲載されていませんでした。

唯一、練習帰り?に焼肉に行かれた投稿があったり、

地元。北海道に帰省された時の画像が投稿されていたくらい・・・です。

山本智大さんの彼女の情報については分かり次第、追記いたします。

それでは、日本の守護神を育てた山本智大さんの父親についてみていきたいと思います。




山本智大の父親の経歴がすごい!

yamamoto-tadafumi

山本智大さんの父親は、山本忠文さんとおっしゃいます。

父親の忠文さんの経歴ですが、北海道恵庭の中学校においてバレーボールの顧問をされていました。

智大さんは、江別市内の中学校に在学中でしたが、父親にバレーボールを教わりたいと恵庭中学校へ転校したのです。

父親の忠文さんは、生徒にも人気があったようです。

クラス担当も受け持っておられたようで、

中学3年生のクラスを持たれていたこともあり、受験など進路指導もされてきたことでしょう。

「怖くて面白くて親にも媚びない先生」

とのことで、生徒からの信頼はもちろんのこと、親御さんからの信頼も厚かったと思います。

では、山本智大さんがバレーボールを始めたきっかけについてみていきましょう。




山本智大がバレーボールを始めたきっかけは?

yamamoto-tomohiro

山本智大さんがバレーボールを始めたきっかけは、

1歳上の兄の影響だといいます。

小学校1年生の時に、兄が所属しているチームの練習を見に行ったことがきっかけでした。

とても強い強豪チームだったことから、入部はしたものの練習も相当厳しかったようです。

そして小学校5年生の時には全国優勝も経験。

その後もバレーを続け大学は日体大(日本体育大学)へ。

大学を卒業後は、FC東京へ所属するも仕事との両立がうまく行かず、境プレイザーズへ移籍、レギュラーとして定着されています。

そしてついに、東京オリンピック2020の代表メンバーに選ばれることになったのです。

その時の山本智大さんのコメントがこちら。

開催国の代表選手として、自覚と責任を持って戦います

プレー面においてはレセプション(サーブレシーブ)の関係性を密にすること、ブロックとディフェンスの徹底をすることを心掛けたいです。ディフェンスにおいてはリーダーになることが期待されいていると思うので、レセプション、ディグ(スパイクレシーブ)、鼓舞する声掛けでチームに貢献していきたいです」

引用元:https://www.uhb.jp/news/single.html?id=21219

とても頼もしいお言葉ですね。

山本智大さんのお兄さんがバレーボールをされていたのは、父親の忠文さんの影響もあったことでしょうね。

生徒からも人気だった父親と兄の背中をみて育った智大さん。

オリンピックでは守護神としての活躍に期待が高まります。