東京五輪2020

【画像】都筑有夢路(アムロ)の家族構成やプロサーファーの兄についても

都筑有夢路

東京オリンピック2020でサーフィンでの出場が決まっている都筑有夢路(つづき あむろ)さん。

現在、20歳でのオリンピック出場で話題になっています。

こちらでは、都筑有夢路さんの家族構成をはじめ、プロサーファーである兄についてもみていきたいと思います。

都筑有夢路(つづき あむろ)Wikiプロフィール

  • 名前:都筑有夢路(つづき あむろ)
  • 誕生日:2001年4月5日
  • 年齢:20歳(2021年7月現在)
  • 出身地:埼玉県所沢市
  • 身長:158cm
  • 好きな食べ物:マシュマロ
  • 名前の由来:一見、安室奈美恵から?と思われがちですがそうではないとのこと

都筑有夢路(アムロ)の経歴

都筑有夢路さんのこれまでの経歴についてみていきたいと思います。

今日学校の4年生くらいまではクラシックバレエを習っていました。

しかし、父親がサーファー、特に2歳年上の兄・百斗さんもサーフィンをしており、

この兄から刺激を受け、11歳から本格的にサーフィンをはじめたといいます。

ジュニア時代からパワフルなサーフィンで周りを魅了、2014年にはU-20で準優勝に輝きました。

さらに、2015年にはNSA主催「第33回全日本級別サーフィン選手権大会」で3位に入賞されています。

2016年、都筑有夢路さんが15歳の時にプロ公認を得て17歳から本格的に競技に参戦、ツアーを回るように。

オーストラリアをはじめ、インドネシア、スペインなどへ転戦しました。

そして最終ランキングは64位だったといいます。

プロ転向後すぐに、海外の波を追ってツアー参戦に回られていたのですね。

その後は、兄・百斗さんと千葉の一宮に拠点を移しています。

都筑有夢路(アムロ)の主な戦績

都筑アムロ

都筑有夢路さんお主な戦績についてもみていきたいと思います。

NSA
2015年 『第33回全日本級別サーフィン選手権大会』 3位
2015年 『9th ALLJAPAN SURFING GRAND CHAMPIONGAMES2015』 準優勝

JPSA
2016年 最終戦『ブルーエコシステムプロ』 3位
2017年 第2戦『伊豆下田CHAMPION PRO』 2位

WSL
2014年『Go Pro JUNIOR GAMES U-20 girls』 準優勝
2016年『Minami Boso Junior Pro 3位
2017年『Ichinomiya Isumi Pro Junior Surfing Governor’s Cup』 U-18優勝
2017年『 Ise Shima Pro Junior』 3位
2018年『Pantein Junior Pro by Gadis』 3位
2019年『Ichinomiya Chiba Open』 優勝
2019年『ABANCA Galicia Classic Surf Pro』優勝
2019年『World Junior Championships』優勝

ISA
2021年『ISA World Surfing Games』9位、東京五輪出場権獲得

引用元:https://www.surfnews.jp/feature/28380/

これほどの素晴らしい戦績を残してきた都筑有夢路さんを育ててきたご両親をはじめ、

兄弟についてみていきたいと思います。

【画像】都筑有夢路(アムロ)の家族構成は?

都筑有夢路さんの家族構成ですが、

  • 父親
  • 母親
  • 兄・百斗(ももと)
  • 弟・典(てん)
  • 愛犬(ハク)

愛犬も飼われているようですね。

父親もサーファーで母親も家族の影響からサーフィンをしているとの情報も。

さらに、弟の典(てん)くんとは8歳離れていることもあり、とても可愛いがっていらっしゃいます。

かわいい弟・典(てん)くんとの画像がこちらです。

典くん、かわいいですね。

有夢路さんのインスタには典(てん)くんや愛犬とのショット画像が多く掲載されています。

そして、2歳年上の兄・百斗さんもプロサーファーなのです!




都筑有夢路(アムロ)の兄・百斗(ももと)もプロサーファー

 

この投稿をInstagramで見る

 

都筑百斗(@momototsuzuki_mobb)がシェアした投稿

都筑有夢路さんの兄もプロサーファーで、有夢路さんは兄の百斗さんから強い刺激をもらっていると言います。

兄の百斗さんは8歳の頃からサーフィンをしていましたが、幼稚園の頃から小学生6年生まではサッカーに夢中でした。

しかし、一家の引越しで鵠沼に越してからは、周りの環境からもサーフィンを始めるようになったそうです。

そして、まだ16歳で免許も取得していない頃から、海外のQSを回り経験を積んで行かれました。
2017年、 「Ichinomiya Isumi Pro Junior Surfing Governor’s Cup」では兄弟揃っての優勝に輝いています。

兄・百斗さんも妹・有夢路さんのオリンピック出場をさぞかし喜んでおられることでしょうね。