タレント

【TOKIO】新会社設立インタビュー内容からみる山口達也の復帰計画実現の可能性

TOKIO会社設立TOKIOのメンバー長瀬智也さんのジャニーズ事務所退所発表と同時にTOKIOが新会社「株式会社TOKIO」を設立するとの発表がありました。

その時のインタビュー内容がTOKIOらしいと話題になっています。

一方、元メンバーだった山口達也さんの復帰計画も実現間近なのでは?と囁かれています。

インタビュー内容から、復帰の実現性についてみていきたいと思います!

TOKIOが新会社設立|インタビュー内容とは?

トキオ新会社設立では、2020年7月22日(水)に行われたTOKIOメンバーの新会社設立インタビュー内容をチェックしてみましょう。

かなりユニークなインタビュー会見となっています。

  • 新会社設立の意味は

国分「屋号をやっぱり守りたい。僕らのタレントイメージって、何でも作る人たち。でも、これは番組と事務所が作ってくれた僕らのイメージ。これからは僕ら自身でレールを敷いて、何でも作っていこうじゃないかと。バンドから会社へ。(所属は)今のところ3人しかいません」

  • 城島が社長だが

松「国分、松岡でサポートしつつ、会社の金を持ち逃げさせないようにしながら、3人で頑張っていく」

  • 誰の発案か

松「国分。正直、うちの社長(城島)は今でも半分わかっていません。大丈夫。僕が分かっていれば」

城「TOKIOとしていろんなものを作ってきた。それこそ何もない島で、村で。確かに会社って作ったことないよねって」

  • ジャニーズ事務所のグループ会社

国「屋号はジャニーズ事務所が持っている。独立している人たちも多くいるけど、そこじゃないチャレンジもあっていい」

松「逆バージョンですよね。3人、逆に残ろうと」

城「僕らにしかできないんじゃないかな。誰が社長になるのかと思っていたけど」

松「城島は、日本一の雇われ社長ですから」

  • ジャニーさんに報告は

松「(命日の)9日に。ちょっと見ていてくれ、新しいことやるから、と」

国「ジャニーさんも想像していたかどうか分からないところに進む。でも、それもジャニーさんが教えてくれたんだなと。『ユーやっちゃいな』ってこういうことなのかな」

城「人まねをするなってよく言われましたから」

  • 後輩たちに向けたモデルケースにもなるのでは

国「見えないものに怖がらずに進むというところは真似てもらってもいいのかなというぐらい」

  • 3人で出発。その後は

松「タレントが増えることは多分ない」

城「競合は避けよう」

松「政治でもめるのは嫌」

  • 広報担当が我々にスキャンダルを『書くな』ということもあるか

松「もう書くならどうぞ。撮られるとしたら、こいつ(城島)しかいない」

城「ちゃんと真面目にするわ」

  • (新婚の城島は)奥さんに報告したか

城「『頑張って』と」

松「薄っ!もうそんな感じになってるの?」

  • 株式配分は

松「ジャニーズにいくつか、あとは3人で」

  • ジャニーズを離れる

松「でかい会社だからこそ出来ないこともある。ただ、もちろん感謝しかない。だけど、これをうのみにしてSnow Manあたりが会社作ろうってなるとおかしい」

城「そういう動きがあったら、僕ら全力で潰します」

松「逆に数秒で潰される」

  • アイドルの引き際の思いもあったのか

城「それはない。肩もたたかれてない」

  • それぞれやってみたいことは

松「やっていることは継続。急に芝居をやらなくなるとか一切ない。今まで通り+α」

国「城島さんには現代リーダー論、講演とか。いままでうちの事務所、しゃべりだけの仕事はやっていない」

松「3人にはなりますけど、26年もたせたリーダー」

国「俺についてこいタイプのリーダーだったら、とっくに解散していたと思う」

  • 解散という話は

松「一回もなかった。TOKIOを潰すというのはなかった。先代(ジャニーさん)が亡くなったのもある。先代からもらった名前を潰すわけにはいかないなというのはあった」

  • 社長権限で臨時ボーナスが出ることは

松「後輩にお年玉もあげたことないような人が我々にボーナスをくれるとは思わない」

城「景気の状況ですね」

  • ジャニーズのイベントに参加することもあるか

松「お声をかけていただけるなら」

国「歌うことはない」

  • 芸能界で独立が増えている

松「我々が口にすることではないけど、定型だったものが定型じゃなくなっている。今はどこからがタレントという線引きも難しい」

  • 長瀬は会社設立について何と

国「名前が残ることは、喜んでくれましたね」

  • ファンに向けては

城「お互い認め合って、やりたいことやろうぜということ。長瀬智也のことも、新生TOKIOのことも応援していただきたい。とはいえ、来年3月末まである」

  • ファンクラブは

松「継続させてもらいます」

引用元:Yahoo!ニュース

このインタビューをを見た方がとても面白い、実にTOKIOらしいと話題になっています。

TOKIOの新会社設立インタビューがTOKIOらしいと話題!

TOKIOの新会社設立インタビューが、TOKIOらしいと話題になっています。

実際にインタビュー内容を見た方の声を一部ご紹介したいと思います。

TOKIOはバンドとしての活動はないものの、それぞれが俳優業や司会等で活動していくようです。

では、ジャニーズの傘下でありつつ、なぜ新会社を設立することになったのでしょうか。




TOKIOが新会社を設立したのはなぜ?

トキオが会社設立これからもジャニーズ事務所の傘下で活動をしていくTOKIOの3人ですが、なぜ新会社を設立する必要があったのでしょうか。

では、まずTOKIOの新会社設立インタビュー内容から、検証してみたいと思います。

インタビューの冒頭に国分太一さんが語っておられましたが、

「屋号をやっぱり守りたい。僕らのタレントイメージって、何でも作る人たち。でも、これは番組と事務所が作ってくれた僕らのイメージ。これからは僕ら自身でレールを敷いて、何でも作っていこうじゃないかと。バンドから会社へ。(所属は)今のところ3人しかいません」

今までの「ジャニーズ事務所が作ってくれたTOKIOのイメージから脱皮」して、自分たちでやっていこうという思いからのようです。

さらに、日本テレビの番組「鉄腕DASH」ではDASH村を作ってきました。

「TOKIOとしていろんなものを作ってきた。それこそ何もない島で、村で。確かに会社って作ったことないよねって」

これからは、バンドとしてではなく会社として活動をしていくためと語っています。

そして、気になるのがこの新会社設立を機に、山口達也さんが復帰するのでは?という噂です。




TOKIO新会社設立インタビュー会見からみる山口達也の復帰計画の実現性は?

山口達也復帰の可能性TOKIOのメンバー3人は現在も山口達也さんと連絡をとっているといわれています。

そして、今回の新会社設立にあたり、山口達也さんが復帰するのでは?といわれています。

それは、長瀬智也さんの退所報道の際に、以前はモザイクで写っていた山口達也さんの画像がハッキリ映し出されるようになったからなのです。

では、山口達也さんの復帰の可能性、実現性について、TOKIO新会社設立インタビュー内容から検証していきたいと思います。

まずは、インタビュー冒頭にあった国分太一さんの発言です。

「(所属は)今のところ3人しかいません」

新会社には「今のところ」3人と語っていました。

ちょっと意味深です。

さらに、インタビュー後半では

「3人で出発。その後は?」

の質問に対し松岡昌宏さんは、

「タレントが増えることは多分ない

と答えています。

「多分ない」

少しあやふやな返答になっています。

やはり、山口達也さんを新会社から復帰をさせてやりたい!というメンバーの思いがあったのかも知れません。

新会社設立は山口達也さん復帰の実現性への第一歩なのでしょうか?

となるとかなり大きなレールを敷いてもらうことになります。

そこまでするのか?とうのが正直な感想ですが、このインタビュー内容だけをみると実現性は高そうに思います?

では、山口達也さんが復帰するとなると世間の反応はどうなのでしょうか。




TOKIO新会社設立で山口達也が復帰する?世間の声は?

TOKIOが新会社設立にあたり、元メンバー・山口達也さんが復帰するのでは?と話題になっています。

さっそく世間の声をチェックしてみたいと思います。

まずは、復帰の可能性が高い、復帰を願う声をみてみましょう。

一方、復帰は望まない方の声もチェックしてみましょう。

最後にこのような見方をする方も。

長瀬智也さんの脱退は、山口達也さんが復帰する可能性がもう無いため・・・という意見もあります。

確かに、新会社でメンバーそれそれで活動をしていくとなると、そもそも長瀬智也さんは脱退する必要がありません。

仮に山口達也さんが復帰するのなら、バンド活動を継続することも可能です。

推察になりますが、長瀬智也さんの脱退から、山口達也さんの復帰の実現性は低いのでは?と思いました。

さいごに

TOKIOのメンバー3人の新会社設立インタビュー内容、そして山口達也さんの復帰についてみてきました。

特に気になる山口達也さんの復帰については、直接会見では触れることはありませんでしたが、復帰への実現性は今のところ低いと思いました。

山口達也さんが起こした事件は、一般のサラリーマンなら懲戒解雇になりますし、再就職でさえ厳しくなります。山口達也さんが復帰するならば、芸能界は甘いところだという印象を再び世間に与えることになるでしょう。

個人的には山口達也さんには芸能界以外の別の道で社会復帰をしてもらいたいと思う次第です。