ドラマ

寺脇康文とは和解?「相棒」降板理由は不仲?復活のきっかけについても【season21】

terawaki-yasufumi

2022年10月から「相棒」シリーズseason21の放送が始まります。

前回までの相棒・反町隆史さんが卒業され新たなパートナーに注目が集まっていました。

そして今回の相棒はなんと初代相棒だった「寺脇康文」さん。

SNSでは喜びの声とともに、「和解」という言葉が多く出ています。

こちらでは、寺脇康文さんの和解とは?水谷豊さんとの不仲?

そもそも、寺脇康文さんが降板した本当の理由、さらに今回復活されたきっかけについてみていきたいと思います。

寺脇康文が「相棒」に復活【2022年6月23日発表】

aibo引用元:twitter

2022年6月23日(木)人気番組「相棒」シリーズに初代相棒だった寺脇康文さんが復活することが明らかになりました。

水谷豊主演の人気シリーズの最新作『相棒season21』(テレビ朝日系 毎週水曜 午後9時~9時54分)が10月より2クールで放送されることが決定。

さらに初代相棒・亀山薫役の寺脇康文が“五代目相棒”を務めることが発表された。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

これを受けて相棒ファンの方からは喜びと驚きの声があがっています。

寺脇康文が「和解」とは?何があった?

aibo引用元:https://www.oricon.co.jp/

相棒シリーズに寺脇康文さんが復活することを受けてSNSでは喜びの声と同時に驚きの声があります。

その中には「和解したの?」という声が多くあります。

こちらの「和解」とはいったい何があったのでしょうか?

一部では上司で相棒・水谷豊さんとの不仲説?とも。

寺脇康文が「相棒」を降板した理由は何だった?

aibo引用元:https://twitter.com/

人気ドラマ「相棒」シリーズは視聴率もよく、長年続いているドラマでもあります。

初回放送は2002年10月〜(season1)で、水谷豊さんと寺脇康文さんが警視庁・特命係の名コンビとして登場しました。

寺脇康文さんは、season1(2002年10月)〜season7(2009年3月)の約7年間を務めました。

初代相棒として亀山薫を演じる寺脇康文がpre season 第1話からseason7 第9話までの長きにわたり務めた

7年もの間、相棒として務めてきた寺脇康文さんですが、そもそもなぜ降板したのでしょうか。

Wikipediaによると、

設定上は組織に不要な人間を右京の下に就けて自ら辞めさせる様に仕向ける部署であった筈の特命係に8年にも渡って居続けているというリアリティの欠如や、亀山薫という人間のリアルを考えた時に「ずっとこのままでいい」とは思わないだろうという思いと、ドラマ上とは言え、薫と言う人間の人生を曖昧にしたくないと言う思いから、season7を以て薫を「卒業」させるという展開を迎えることになった。

なお、こうした考えはseason4の時点で構想され、本作の撮影で約7か月間拘束されている寺脇の今後の俳優生活の将来を思った上での措置でもあったという

引用元:Wikipedia

まとめますと、

  • 特命係という特別な部署であるところに、右京(水谷豊)の部下として長年いるのも不自然
  • 亀山薫という人物の人生を尊重したい
  • 相棒の撮影だけで約7ヶ月間拘束されてしまうため、他の仕事(舞台など)ができない

といった制作側の思いがあったと綴られています。

ただ、同時に寺脇康文さんと水谷豊さんとの不仲説も囁かれていました。

寺脇康文と水谷豊は不仲だった?

aibo引用元:https://twitter.com/

2002年から2009年もの間、亀山薫として杉下右京をささえてきた寺脇康文さん。

降板時には、相棒・水谷豊さんとの不仲説が流れました。

season1から始まった相棒シリーズですが、シリーズを重ねるごとに2人の距離は開いていったといいます。

やはり、寺脇さんにも「相棒」がここまで人気になったのは自分の力もあったと思っていたことでしょうし、撮影現場をでは水谷豊さんが提案した案とは別の案を出してきたこともあったようです。

ただ、「相棒」というドラマは少なくとも水谷豊さんが主になるわけで、

周囲から“主役を立てないで自分が目立とうとしている”とささやかれるようになってしまったんです。最初はスタッフと気まずかっただけなんですが、次第に水谷さんともぎくしゃくするようになっていきましたね(テレビ局関係者)

引用元:https://www.news-postseven.com/

主役を立てない寺脇さんに対し、最初はスタッフと気まずかったようですが徐々に水谷豊さんともギクシャクしていったとのこと。

さらに、水谷豊さんとは個別で行っていたリハーサル前の打ち合わせもなくなり、寺脇さんの撮影に対する意見は徐々に取り入れられることがなくなってきたのです。

寺脇康文さんは、親しい俳優仲間に以下のように打ち上げていました。

「結局、水谷さんには気持ちが届かなかったのかもしれない」

「水谷さんとは、空気が違うのかなって思ったんだよね…」

「水谷さんから卒業する時期なのかもしれない!」

そして、season7を最後に警察を辞めて海外へ飛び立っていきました。

さらにテレビ関係者の方によると、

「降板」を言い出したのは寺脇さんからでこれ以上、憧れの水谷豊さんとの関係を悪化させたくないという思いもあったのでは?

と語っておられます。

これらの状況をみていますと単にお二人が「不仲」だったというよりも、

寺脇康文さんの役者としての熱い想いが水谷豊さんをはじめ、制作側スタッフに届かなかった、受け入れてもらえなかったということなのではないでしょうか。

さらに、寺脇さんは「尊敬する水谷豊さんとの関係もこじらせたくない」こういった想いが募り、自ら降板を選択したということも考えられます。

そんな寺脇康文さんが「相棒」season21」に復活することになったきっかけは何だったのでしょうか?

なぜ寺脇康文が「相棒」復活となったきっかけはファイナル?

aibo引用元:https://twitter.com/

では、今回、なぜ寺脇康文さんが「相棒」に復活することになったきっかけは何だったのでしょうか。

一部では、とうとうファイナルseasonを迎えるのでは?という声もあがっています。

「“寺脇さんがやるならファイナルでしょ”というふうにも言われていたんですよ。初代を再登板させたとして、じゃあ次の6代目をどうするのか? ってなったときに、これはなかなかキャスティングが難しいと思いますよ」(同)

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

水谷豊さんの年齢が2022年7月には70歳になるといいます。

「相棒がスペシャルドラマとして始まったのは2020年。当時としてリアリティがあった水谷さん演じる“特命係の警部”というのも70歳となると、現実離れしていると指摘する声はありますね。」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

確かに、70歳といえば一般企業においても定年年齢でもあります。

不自然という声があがるのもわかりますが、水谷豊さんは見た目かなりお若いですよね。

ご本人も若く見えるように努力をされているといいます。

ただ、いつかは終わりが来るわけですので、もしかしたら今回でファイナル?となる可能性もあるのではと推察します。

こちらについては、制作側からの詳細は明らかになっていませんが、水谷豊さんと寺脇康文さんのコメントが発表されていますので、こちらから検証してみたいと思います。

また水谷豊さんは、今回寺脇康文さんの起用については以下のようにコメントしています。

<水谷豊 コメント>

亀山君が帰ってくる。 そんな日が来ることを、杉下右京は何度か夢見ていたに違いない。過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうための再会を、右京は淡々と待っていたに違いない。 

過去に戻るのではなく、新たな未来にまた二人で向かうため」

不仲説はあったものの、杉下右京は過去は過去、これから新また亀山薫としい関係を築いていきたいという意気込みにも聞こえます。

そして、最後にまた2人でタッグを組みたいという思いもあるのかも知れません。

いずれにしましても、注目のseason 21となるのは間違いないですね。

さいごに

2022年10月より「相棒」season21が始まることを受け、初代・相棒の寺脇康文さんが復活することとなりました。

寺脇康文さんが初代相棒を降板した理由に、水谷豊さんとの不仲説もありましたが、真相は定かではありません。

ただ、同時の記事を読み返していると、寺脇さんの役者に対する思いが相当強かったこともあり、それをスタッフや水谷豊さんにも意見をしてしまうことがあったようです。

ただ、水谷豊さんも復活を待ち望んでおられますし、スタッフの方もずいぶん入れ替わっているかと思いますので、新生・亀山薫が帰ってくる!と新しい気持ちで見てみたいですね。