俳優

篠原ゆき子(出雲麗音)は滑舌が悪い?相棒抜擢も演技が下手くそ!と話題に

篠原ゆき子女優の篠原ゆき子さんが「相棒seazon19」から出演されています。

役名は出雲麗音(いずもれおん)で警視庁刑事課捜査一課の巡査部長を演じ、初回から見事な演技を披露し話題を集めています。

しかし、滑舌が悪い?せいか、演技が下手くそ!という声も聞こえてきます。

こちらでは、篠原ゆき子さんの演技が下手くそといわれている声や本当に滑舌が悪いのか?についてみていきたいと思います。

篠原ゆき子(相棒・出雲麗音)は滑舌が悪い?

現在、相棒seazon19に出演中の篠原ゆき子さん。

しかし滑舌が悪い?との声が聞こえてきます。

特に現在、出演している「相棒」での演技が以前の篠原ゆき子さんと比較すると、滑舌の悪さが際立っているようです。

実際に、篠原ゆき子さんの「相棒」での演技をみてみましょう。

こちらでは、比較的穏やかな口調ですが若干、舌ったらずな印象です。

意識して聞いてみると確かに滑舌が悪いように聞こえますね。

そして、さらに演技が下手という声もあるのです。

篠原ゆき子(相棒・出雲麗音)は演技も下手?


篠原ゆき子さんの演技が下手くそという声もあります。

篠原ゆき子さんの演技が下手といわれているのは「相棒」に関してが多いように思います。

では、他の映画やドラマのときはどうなのでしょうか?

篠原ゆき子さんは2020年10月30日〜公開の映画「罪の声」に出演されています。

罪の声

こちらの演技力は高い評価を得ています。

実際に見に行かれた方の声も!

「相棒」で篠原ゆき子さんの演技がいまいち?と思っている方に観て欲しいとツイートされています。

こちらの「罪の声」では母親役を演じている篠原ゆき子さん。

一方、相棒では刑事役であり、女優経験の長い篠原さんにとっても初めての刑事役。

しかも「相棒」シリーズのレギュラー入りに抜擢されました。

やはり、抜擢されたのは篠原ゆき子さんの演技の評価が高いからではないでしょうか。

また、いくらベテラン女優とはいえ、大人気ドラマ「相棒」に出演するのはさすがに緊張もあることでしょう。

セリフがカミカミ、滑舌も悪くなるのでは?と思いました。

ただ、他の映画やドラマの評判は高いので、「相棒」においても次第に場数を踏んで、シリーズが終わる頃には「相棒」にとって必要な役者さんになっていると推察します。

じっくりとこれからどう変化していくか?観察しながら「相棒」を見るのも楽しいのではないでしょうか?

さいごに

「相棒19」に抜擢された篠原ゆき子さんについてみてきました。

「滑舌が悪い」のは、慣れない刑事役ということや、人気ドラマ「相棒」出演でやはり緊張もあると思います。

また、「演技が下手」というのも、「相棒」での評価であって他の映画ではとても演技力があり評価の高い女優さんであることも分かりました。

「相棒」においてもこれからどんどん演技力を発揮してくれることでしょう。