東京五輪2020

島村春世が黒サポーター(タイツ)を着用しているのはなぜ?理由に思わず納得!

島村春世

東京オリンピック2020において女子バレーボールでの出場が内定している島村春世さん。

島村春世さんといえばいつも身につけている黒サポーター(タイツ)が気になります。

なぜ着用しているのか?一体何のために?

その理由に思わず納得する方も。

こちらでは、島村春世さんが黒サポーター(タイツ)を着用しているのはなぜ?

思わず納得の理由についてご紹介したいと思います。

島村春世の黒サポーター(タイツ)が気になる!

島村春世サポーター引用元:Twitter

2016年リオ五輪に続き今回で2度目のオリンピック出場が決まった島村春世さん。

島村さんを見ていると、いつも目につくのが足元の黒いサポーター。

時には足全体を覆っていることもありタイツ?ともいわれていますね。

Yahoo!知恵袋などにも質問があるほど。

Q:島村選手だけいつも黒のロングスパッツ?何故ですか?

島村春世

Q:入れ墨(タトゥー)を隠している?

島村春世

引用元:Yahoo!知恵袋

島村選手だけどうして?とう声や、タトゥー(刺青)をしているから?という声までありますね。

ですが、今やトレードマークにもなってきていますよね。

島村春世

黒サポーターをしている選手=(イコール)島村春世さんとなりつつあります。

では、なぜ島村春世さんは黒サポーターを着用しているのでしょうか?

島村春世が黒サポーター(タイツ)を着用しているのはなぜ?理由に思わず納得!

島村春世さんが黒サポーターを着用しているのには理由がありました。

その理由とは?

ケガ防止のため

といわれています。

さらに詳しく見ますと、

バレーボールの膝用サポーターを着用目的は「怪我を防ぐ」ことにつきます。

飛び込みレシーブなどで膝と床が接触する際の衝撃を和らげたり、中腰気味の基本姿勢やジャンプなどでの膝への負担を軽減するためにもサポーターの着用は必須と言えます。

  • 床との接触による怪我や摩擦を防ぐ
  • 膝の負担を軽減する

引用元:https://sposhiru.com/volleyball-supplies94#-1

相手のサープやアタックを受けるため、身を滑り込んでレシーブする際に、床に脚が擦れたり膝を痛めることもあるでしょう。

また、ジャンプをする際には膝への負担が約体重の5倍かかるともいれているほど。

これら負担を軽減するためにサポートを着用されていると思われます。

場合によっては、打撲や捻挫は選手生命を奪われる怪我に繋がる可能性もあります。

ですので、選手はサポーターを着用し、特に脚や腕には十分な配慮をされているのではないでしょうか。

さらに、島村春世選手が着用しているロングサポーターは、ずれにくいといった特長をもっているので、動きの激しいバレーボール選手には着用しやすいのだと思います。

以上のことからも、島村春世さんがサポーターを着用されている理由に納得ですね。




島村春世の黒サポーター(タイツ)は違反ではない!

島村春世島村春世さんが着用しているサポーター、時にはロングサイズでタイツに見える時もありますが、これは違反ではないのでしょうか。

もちろんサポーターですので、違反にはなりませんし長さも決められていません。

確かに目立ちますが、やはりバレーボール選手にとって脚や腕を痛めことは辛いことです。

少しでも怪我から身体を守り、いつも万全な体制で競技に挑みたいという思いがあって着用されているのだと思いました。




島村春世Wikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

島村 春世(@nrr1_john)がシェアした投稿

名前 島村春世
生年月日 1992年3月4日(29歳)*2021年7月17日現在
出身地 神奈川県鎌倉市
身長 182cm
体重 73kg
血液型 O型
所属 NECレッドロケッツ
愛称 ジョン
ポジション MB(ミドルブロッカー)

東京オリンピックではチームメイトの古賀紗理那さん!歯列矯正ですっかり綺麗に

古賀紗理那
【画像】古賀紗理那の顔が変わった?歯列矯正で綺麗になった歯並びを比較検証!東京オリンピック2020に出場が内定しているバレーボール女子の古賀紗理那さん。 最近の古賀選手のお顔をみるとますます可愛くなったよ...