スポーツ

笹生優花はハーフ!国籍は?父親の職業やコーチはジャンボ尾崎で話題に

笹生優香2020年日本女子プロゴルフ界でもっとも話題となっているのは、

現在19歳の笹生優花(さそう・ゆうか)さんではないでしょうか。

笹生優花さんはハーフなのですが国籍はどこになるのでしょうか?

さらに、父親の職業やコーチ、なんとあのジャンボ尾崎さんでも話題になっている、笹生優花さんについてみていきたいと思います。

笹生優花はハーフ!国籍は?

笹生優花

笹生優花さんは、父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフにあたります。

そして、国籍は日本とフィリピンの両方となります。

確かに顔立ちがはっきりされていますね。

笹生優花さんは、母親似なのかもしれませんね。




笹生優香の父親の職業は?

笹生優花

笹生優花さんの父親はどのようなお仕事をされているのでしょうか。

仕事内容については明かされていないのですが、

優花さんには弟と妹がおり、兄弟でごゴルフを習っていることからも、

かなり裕福なご家庭なのではないでしょうか。

兄弟の中では優花さんが一番下手?ともいわれているので、弟や妹さんの腕前も気になるところです。

もしかしたら近いうちにプロデビューされるかも知れませんね。

そして、優花さんのコーチはなんとあのジャンボ尾崎さんなのです。




笹生優香のコーチはあのジャンボ尾崎!


笹生優花さんの現在のコーチはあのジャンボ尾崎さんなのです。

ジャンボ尾崎さんは「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」というゴルフ塾を開催されています。

無料でジュニアレッスンを開催されたりもしており、ジュニアの育成に務めておられます。

このゴルフアカデミーからはプロテストの合格者も多く輩出されています。

笹生優花さんはジャンボ尾崎さんの門下生で、ジャンボ軍団女子部に所属されています。

原英莉花、川崎志穂、笹生優花、西郷真央の4人の若手女子プロには共通点がある。キーワードは“ジャンボ尾崎”だ。

ジャンボ尾崎こと尾崎将司のもとに集まるプロゴルファーが練習する「ジャンボ邸」と呼ばれるジャンボの自宅の練習場。ドライバーまで打てる広大なスペースに、アプローチ、バンカー、パッティング、トレーニングが行える練習環境の整った施設だ。

アース・モンダミンカップで3日目を終えて17位タイから上位を伺う原英莉花は高校生の頃から、最終日を2位タイで迎えた西郷真央はジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの一期生で2017年から、初日にトップに立った笹生優花は昨年のプロテスト後から、飛距離を生かして初日にイーグルを奪取した川崎志穂はここ数年練習に訪れているという。

引用元:Yahoo!ニュース

笹生優花さんは、昨年(2019年)のプロテスト後から、「ジャンボ邸」を訪れ練習に励んでいます。

しかし、ジャンボ尾崎さんの門下生の方々の成績はすごいですね!




笹生優花Wiki風プロフィール

名前 笹生 優花
生年月日 2001年6月20日(19歳)*2020年9月現在
身長 164 cm
体重 59 kg
国籍  フィリピン・ 日本
出身地  フィリピン
プロ転向 2020年
初優勝 日本女子:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2020)

2020年にプロ転向されて、いきなりすぐに国内女子ツアーで初優勝をされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式(@jlpga_official)がシェアした投稿

しかもまだ19歳!今後の活躍に注目です。

同世代ライバルの西村優菜さんも可愛いと人気上昇中!気になる方はこちら↓

【画像】西村優菜のカップサイズは?身長も小柄でかわいい!彼氏やwikiプロフも女子プロゴルファーの西村優菜さんがとにかくかわいいと話題になっています。 しかも現在は20歳(2020年9月現在)、2019年11...

さいごまで読みいただきありがとうございました。