タレント

喜多村緑郎は離婚するのか?文春に語った内容にtwitterは大炎上!何様?と話題に

鈴木杏樹さんとの不倫騒動後、喜多村緑郎さんが週刊文春の120分ものロングインタビューに答えています。

しかし、その内容を見た読者の方からは、何様?自分を擁護するような内容ばかり!離婚した方がよい!との声でSNSをはじめtwitter炎上しています。

喜多村緑郎さんは離婚するのでしょうか?文春内容とともに詳しくみていきたいと思います。

喜多村緑郎は離婚するのか?文春に語った内容にtwitterは大炎上!

喜多村緑郎さんが鈴木杏樹さんとの不倫発覚後、第一報を報じた週刊文春のインタビューに答えています。

まず、その内容を見た読者の方の声(twitter)をご紹介したいと思います。

とにかく、自己愛強すぎ、自分を擁護している、上から目線〜などといった声が圧倒的です。

また、芸能レポーターの駒井千佳子さんも「離婚した方がよい」とバッサリ。

この文春の内容を見た奥さんの貴城けいさんや不倫相手の鈴木杏樹さんも、さぞかしがっかりしたのではないでしょうか。




スポンサーリンク

喜多村緑郎が文春に語った内容が何様のつもり?と話題に!

それではtwitterをはじめSNSで炎上している喜多村緑郎さんが文春に語った内容の一部をチェックしてみたいと思います。

Q:あまり家庭を顧みない?嫁・貴城けいさんに対して

引用元:twitter

  • (喜多村緑郎さんは毎朝、自分で味噌汁を作っていたが)奥さんが作るようになった。
  • ご贔屓さんにも一緒に挨拶回りにいくようになり、楽屋にも毎日顔を出すようになった

とし、「正直今までやらなかったのに何だ」と苛立つ気持ちもあったが、必死な姿を見ているうちに僕はなんてことをしているんだろうと後悔の念も・・・

と語っています。

コレ、語る必要ある思います!?はっきり言って奥さんの悪口ですよね・・・

Q:嫁・貴城けいさんと今後どう向き合うつもりなのか?

引用元:twitter

  • (嫁・貴城けいとは)やり直したい気持ちはある
  • 彼女(嫁・貴城けい)のジャッジに従おうと思います

「やり直したい気持ちはある」ってなんだか上から目線ですよね・・・!自分はやり直したい気持ちはあるけれど、君(奥さん)はどうなの〜?って感じでしょうか。

Q:鈴木杏樹さんが発表したコメントについて

鈴木杏樹さんのコメント:今年に入ってお相手から独り身になるつもりでいるというお話がありお付き合いを意識するようになりました。

引用元:twitter

  • 実際、その言葉を口にしてからお付き合いをはじめた訳ではありませんが事実、僕もそう思って交際していたので・・・
  • 呪いの言葉で実際、言ってはいけない言葉なのかもしれない

呪いの言葉って・・・なに?50歳にもなった男性が使うんですかね?!

しかも「実際、その言葉を口にしてからお付き合いを始めた訳ではありませんが・・・」ってこのような前置きいります?

あたかも、鈴木杏樹さんの方がこの交際に積極的だったような内容になっています。

Q:鈴木杏樹さんに対して今の気持ちは?

そして、今現在の鈴木杏樹さんへの気持ち語りました。

引用元:twitter

  • 僕はもう鈴木杏樹さんとはお付き合いすることはできません

これって、鈴木杏樹さんとはもうお付き合いは致しません!と決意表明するべきなのではないでしょうか。自分からはできないけれど、もし鈴木杏樹さんの方から交際を求められたら・・・とも捉えられますね。

とにかく、今回のインタビュー内容は自己愛、自己防衛が強くて自分勝手、鈴木杏樹さんへの責任転嫁、嫁である貴城けいさんの悪口・・・と、とても反感をかう内容です( ̄^ ̄)ゞ

やはり、芸能レポーター・駒井千佳子さんがおっしゃるように、離婚したほうが良いと思いますし、貴城けいさん、鈴木杏樹さんもキッパリ切り捨ててほしいと思いました!

スポンサーリンク




さいごに

喜多村緑郎さんが鈴木杏樹さんとの不倫報道について、週間文春の取材に答えた内容についてみてきました。

離婚するのかどうか?ですが正直なところ、離婚した方がよいと思いましたし、今回のインタビュー内容は、喜多村緑郎さん自身を擁護する内容ばかり。増して奥さんの欠点を今、語る必要などありません。

そして、鈴木杏樹さんには、今回のことはすっぱり忘れて新しいパートナーを見つけていただきたいですね。

喜多村緑郎はもともと離婚する気はなかった?!夫婦仲は円満?気になる方はこちらから↓

喜多村緑郎のツイッターは嫁とのツーショット画像!離婚の意思はナシ?喜多村緑郎さんと清純派女優の鈴木杏樹さんの不倫が文春砲で発覚し世間を騒がせていますね。 2人の出会いは2019年10月に京都・南座...

さいごまでお読みいただきありがとうございました。