東京五輪2020

【画像】石川佳純の妹・梨良さんの経歴や就職先は?姉のマネージャーも

東京オリンピック2020に卓球にて出場されている石川佳純さん。

個人戦では、ベスト8に入るも準決勝戦において敗退されました。

しかし、東京オリンピック2020に出場が決まるまでの石川佳純さんには、

妹である梨良(りら)さんのサポートがあったといいます。

梨良さんも卓球選手でもありましたが、現在は現役を引退されており、会社員をされているとのこと。

こちらでは、石川佳純さんの妹・梨良さんの経歴や就職先、

さらに姉の石川佳純さんを支えるべくマネージャーにも?

についてみていきたいと思います。

石川佳純の妹は石川梨良(りら)さん

ishikawa-rira

石川佳純さんの妹は梨良(りら)さんといいます。

プロフィールを見てみましょう。

名前 石川梨良
生年月日 1997年06月14日
出身地 山口県
出身中学校 東京都稲付中学校
出身高校 東京都帝京高等学校
出身大学 青山学院大学
学生時代の最高戦績 H26年度全日本選手権Dベスト

ご家族の影響で梨良さんも卓球をされていました。

卓球一家に育った石川梨良さんの経歴についてみていきたいと思います。

石川佳純の妹・梨良さんの経歴は?

ishikawa-rira

石川梨良さんも卓球をされており、現在は引退をされています。

では、梨良さんの経歴についてみていきたいと思います。

卓球を始めたのは7歳の頃。きっかけはご両親と姉の影響であることは言うまでもありませんね。

中学校は東京都の稲付中学校に通いながら、寮生活を送っています。

寮生活を送っていたのは「JOCエリートアカデミー」に入校していたからのようです。

エリートアカデミーとは?

JOCエリートアカデミーは、年少の競技者が将来的にオリンピックをはじめとする国際競技大会にて活躍できるよう、一貫して育成するために日本オリンピック委員会(JOC)が設置した組織。

有望な小学生・中学生の競技者を発掘し、味の素ナショナルトレーニングセンターを拠点に生活させながら、学校への通学とトレーニングを行うものである

引用元:Wikipedia

味の素ナショナルトレーニングセンターを拠点に学校へ通い、学校が終わるとトレーニングを集中的に行うというもの。

こちらの「JOCエリートアカデミー」に入校すると、

中学生の場合、通常は隣接する北区立稲付中学校へ通学する。

ただし部活動には参加せず、設備の整ったNTCにて専属の指導者から指導を受けながら競技に取り組む[。アカデミー生の受け入れ校側は、アカデミー生が世界で得た経験を他の生徒に語ることで刺激となれば、と良い影響が及ぶことを期待している[

高校生の場合、北区内にある高校を受験することになる。

アカデミー生を受け入れてくれる中学校へ通学することになります。

高校においても、北区内になる高校を受験すると決められているようです。

ですので、梨良さんの出身中学校が「稲付中学校」となっているのですね。

しかし、このJOCエリートアカデミーもそう簡単に入校はできず条件がありました。

JOCエリートアカデミーに入校するには、各競技の全国大会で優勝するなど実績を挙げること

と記されています。

石川梨良さんは、卓球での主な戦績は

  • 2012年:全日本卓球ジュニアベスト8
  • 2015年:チェコジュニアで3位に入賞

などがあります。

ですので、JOCエリートアカデミーに入校できたのですね。

石川佳純の妹・梨良さんの就職先は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川佳純fan(@kasumi_of_japan)がシェアした投稿

石川梨良さんは、高校を卒業後は、青山学院大学へ進学、卓球部に所属を1部リーグで活躍されました。

そして、大学を卒業後はどうされたのでしょうか?

大学を卒業後は一般企業に就職をされましたが、就職先は明らかになっておらず、

噂では「全農」という噂もありますが定かではありません。

そして、梨良さんは大学時代には、姉を支えるべくマネージャーとして海外遠征にも帯同されていました。




石川佳純の妹・梨良さんは姉のマネージャーも?

東京オリンピック2020に出場が内定した石川佳純さん。

一時はどん底を味わったともいわれています。

しかし、そんな姉を妹の梨良さんはしっかり支え、サポートをされていたようです。

妹・梨良さんは強運の持ち主といわれており、

梨良さんが大学生の頃、姉の海外遠征に帯同をされています。

2019年7月には帯同先のオーストラリアオープンにおいて世界一位の中国の選手・陳夢選手に勝利したのです。

梨良さん自身も何か「持ってる」といいます。

19年前半、石川はツアーの早いラウンドで中国人と対戦することが多く、早期敗退が続いた。流れを変えるため、身近な存在の力を借りた。

妹は石川家では強運で知られ、福を運ぶ“福子”と呼ばれていた。

「コンサートの倍率が高いチケットが当たったり、昔から“持ってる”と姉からも言われていた」と梨良さんは笑う。

引用元https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/06/02/kiji/20200601s00026000434000c.html

また、妹の梨良さんが帯同されることが、姉の佳純さんにとって何よりも心強かったことと思います。

マネージャーのように役割を担う梨良さん。

そんな妹の力を借りて石川佳純さんは、見事にオリンピックに出場が内定されました。

まさに姉妹でつかんだ切符ともいえるのではないでしょうか。




さいごに

石川佳純さんの妹・梨良さんについてみてきました。

梨良さんもJOCアカデミースクール生で卓球もかなりの腕前でした。

ただ、梨良さんは大学を卒業されるときっぱり現役を引退、就職されていました。

大学時代には姉のサポートも務めるべく海外遠征に帯同も。

そんな梨良さんの思いに答えるべく東京オリンピック2020の出場切符を手にした石川佳純さん。

まさに姉妹で勝ち取った切符なのではないでしょうか。

石川佳純さんのバストラインが綺麗!かわいい画像10選も

石川佳純
【画像35選】石川佳純のバストラインやカップサイズは?インスタや私服もかわいいと話題2020東京オリンピックに内定している卓球女子の石川佳純さん。 最近はとても可愛くなったと話題を呼んでいます。 中でも石川佳...