開運・運気UP

【一粒万倍日】2020年最強日はいつ?財布の使い始め時間・購入はいつがよい?

一粒万倍日は縁起が良い日、新しく物事を始める日にふさわしい日といわれています。中でも、金運効果を願ってお財布を購入したり使い始める日として活用される方が多くいます。

年に数日、一粒万倍日はありますが最強の日はいつなのでしょうか?またお財布を購入したり使い始めるにあたって、よいとされる時間はあるんでしょうか。

さっそくチェックしてみたいと思います。

一粒万倍日|2020年はいつ?カレンダーでチェック!

では、2020年の一粒万倍日をカレンダーでチェックしてみたいと思います。

1月 10(金)13(月・祝)22(水)25(土)
2月 3(月)4(火)9(日)16(日)21(金)28(金)
3月 4(水)7(土)12(木)19(木)24(火)31(火)
4月 6(月)15(水)18(土)27(月)30(木)
5月 12(火)13(水)24(日)25(月)
6月 5(金)7(日)8(月)19(金)20(土)
7月 2(木)14(火)17(金)26(日)29(水)
8月 7(金)8(土)13(木)20(木)25(火)
9月 1(火)6(日)9(水)14(月)21(月・祝)26(土)
10月 3(土)9(金)18(日)21(水)30(金)
11月 2(月)14(土)15(日)26(木)27(金)
12月 10(木)11(金)22(火)23(水)

意外と多くあることが分かります。

やはり、せっかく新しく物事を始めるのなら、縁起を担いぎたいものです。結婚式などおめでたい日に使われる方もおられます。

たくさんある一粒万倍日ですが、この中でも最強といわれている日があるのです。

一粒万倍日|2020年の最強の日はいつ?

一粒万倍日が年に意外と多くあることが分かりましたが、その中でも最強と言われる日が、天赦日と重なった日といわれています。

2020年の天赦日は以下のとおりで、数えるほどしかありません。

1月 22日(水)
2月 5日(水)
4月 5日(日)
6月 20日(土)
9月 2日(水)
11月 1日(日)・17日(火)

天赦日も一粒万倍日と同じく新しく物事を始めるのに適している日といわれており、独立、事業を始めたり、プロポーズ、結婚式や入籍、お財布を新調されたりする方がいらっしゃいます。

この天赦日と一粒万倍日が重なる日が最強の日といわれており、なんと年に2回しかないのです。

2020年にあたっては以下になります。

  • 2020年1月22日(水)
  • 2020年6月20日(土)

2020年6月10日にあたっては土曜日ですので、結婚式などを予定されている方もおられるかもしれませんね。

今後、新しく物事をはじめたいと計画されている方はぜひ、この一粒万倍日×天赦日を活用されてみてはいかがでしょうか。

そして、一粒万倍日や天赦日にお財布を購入、新しいお財布を使い始めるという方が多くおられるのも事実です。やはり金運効果を期待されているからでしょう。




一粒万倍日にお財布を購入・使い始めている方の声!

それでは実際に、縁起のよい一粒万倍日や天赦日にお財布を購入したり、使い始めている方の声をみてみましょう。

やはり、一粒万倍日にお財布を新調される方が多くおられますね。

では、一粒万倍日や天赦日、あるいは一粒万倍日×天赦日のいつ新調したらよいのでしょうか?時間についても掘り下げてみたいきたいと思います。




一粒万倍日【最強】お財布の購入・使い始める時間はいつがよい?

それでは、新しくお財布を購入したい、使い始めたいけれど、時間はいつがよいのかをチェックしておきたいと思います。

風水的にみると、購入時間も使い始める時間帯も同じで、

  • 17:00〜23:00

といわれています。

逆に、

11~13時は金運をダウンさせてしまう時間帯といわれていますので注意してくださいね。




まとめ

2020年の一粒万倍日は年に数日ありますが、最強といわれる天赦日と重なる日はわずか2日しかありませんでした。

次回の最強といわれる日時は、

  • 2020年6月20日(土)17:00〜23:00

になります。

ぜひ、この日を利用してお財布を新調されてみてはいかがでしょうか。またこの日を見逃してしまった方は、一粒万倍日を活用されてみるとよいでしょう。

開運日にお財布を新調したら携帯やスマホの待ち受け画面でも運気アップはいかが?気になる方はこちらから↓

なぜ運気アップ?ショックアイ待ち受け画像はどれがよい?おすすめをご紹介!なぜショックアイさんの画像を待受にすると運気がUPするのでしょうか?その秘密とは!?さらに人気の待受画像もご紹介☆...

さいごまでお読みいただきありがとうございました。