有名人の家族

【画像】藤木直人と嫁・有紗(ありさ)の馴れ初めは?子供の年齢や学校についても

fuziki-naohito

藤木直人(ふじきなおひと)さんと言えば、フジ系ドラマ「GTO」(1998年)に登場したのが印象的でお顔が何て綺麗なんだろうと思ったものです。

その後、シリーズ化され大人気ドラマとなったフジ系ドラマ「ナースのお仕事」(2000年)では主演・観月ありさの恋人~旦那役となって、藤木直人という名前が世に知れ渡ったのではないでしょうか。

今ではバラエティ番組のMCも務めたり、クイズ番組で貢献したりとメディアでも活躍される姿をよく見かけます。

では、ご家庭の事となるとどうでしょう。

そこで今回は藤木直人さんについてはもちろん、嫁・有紗さんとの馴れ初めは?子供の年齢や学校についても深掘りしてまいります。

【画像】藤木直人の嫁・有紗(ありさ)の馴れ初めは?

fujiki-naohito引用元:twitter

藤木直人さんは、イケメンで実力派俳優で頭も良いと三拍子揃っていることに脱帽しかありません。

高校の頃は「ミスター佐倉高校」(千葉県立佐倉高校)で全校1位となったり、ギターとの出会いが今の俳優や音楽を目指すきっかけとなったり、神から選ばれた逸材なのか導かれるように芸能の道を進まれました。

早稲田大学理工学部情報学科に入学すると、「メンズノンノ」のモデルに自薦応募して落選はしたものの、あのルックスですから芸能事務所の目に止まって俳優デビューを果たします。

映画「花より男子」(1995年)の花沢類役に大抜擢だったのです。やはりトントン拍子に進んでいて、全ての歯車が良い方に動いているのが分かります。

さて、藤木直人さんが安定のパーソナリティーとなった「おしゃれイズム」(2021年9月までで終了)は、2005年4月からのスタートでした。

長寿番組の始まりの年である、2005年の12月27日に、約9年の交際期間を経て6歳年下の一般女性と結婚しています。

fujiki-naihoto引用元:https://msp.c.yimg.jp/

藤木直人さんが詳しく家族を語るインタビューは調べた限りでは見かけませんでした。ですが、有紗という名前がネットで踊っているので追求して行きましょう。

  • モデル風美女
  • 昭和女子大学出身
  • CM制作会社に勤務のOLだった
  • 有紗という名前らしい
  • 早稲田大学の所属していたテニスサークルで知り合ったことが馴れ初め
  • 身長も高く(160~165㎝)目鼻立ちも揃った美貌の持ち主

馴れ初めは、大学時代に所属していたテニスサークルで知り合ったとのこと。

また、お嫁さんの名前ですが、確信を持って有紗と書かれている記事も多かったのですが、一部では信憑性は低いとも書かれていました。藤木直人さんがお嫁さんのことについて多くを語らない主義という事だと推察します。

fujiko-naohito引用元:https://msp.c.yimg.jp/

上記の画像は、藤木直人さんとお嫁さんと思われ多く出回っている写真です。情報として少しに見えますが、これだけの情報があることに驚いているくらいです。

出所がはっきり提示されていないので、ここでは藤木直人さんのお嫁さんに関して「噂されている」に留めておきます。




藤木直人の子供の現在の年齢は?

fujiki-naohito引用元:https://msp.c.yimg.jp/

藤木直人さんには3人のお子さんがいます。

年齢はそれぞれ、

  • 2006年12月に第1子 :15歳
  • 2010年5月に第2子 :11歳
  • 2016年6月に第3子 :6歳

(2022年4月現在)

となります。

子供さんのことも非公開となっていますので、3人の名前は分かっていません。藤木直人さんは徹底しているイメージを持ちます。

どうしてもメディアは追いかけてきますから、家族に嫌な思いをさせたくないという思いが強いのではないでしょうか。2020年にはベスト・ファーザー賞も受賞しています。

インタビュー記事を読んだ中に次のような家族との過ごし方についての掲載がありました。

“「学校が一斉休校になった期間は、家族全員で自宅で過ごしていました。日々、変わらず家にいるなかで、どう過ごすべきかと悩みましたね。考えたすえに、子供たちと一緒に料理を作ることがよくありました。おもに作っていたのはピザ、うどん、ドーナッツのような、作業内容がシンプルだけど手間のかかるメニュー。

子供たちに『もう生地が発酵したかな?『オーブンの中をちょっと見てみよう!』と声をかけて、なるべく飽きさせないようにしていました(笑)」。

また、近隣を子供と散歩している最中にヨモギを採り、それを自宅でお団子に仕立てるという一幕も。こうした何気ない楽しみを子供に与えられるのは、良き父親だからこその行動だ。”

引用元: fqmagazine.jp

ここから読み取れることは、イケメンでありイクメンでもあるということです。

fujiki-naohito引用元:https://msp.c.yimg.jp/

藤木直人さんを紹介する記事では、必ずと言って良いほど「子供が大好きで育児に積極的に協力する良きパパ」とあります。だからこそのベスト・ファーザー賞受賞と言う称号も獲得しているのでしょう。

少しだけでも藤木直人さん一家の仲良しぶり、円満ぶりが垣間見れたインタビュー記事でした。

最近世間ではさまざまなスキャンダルが報道され、ネットやメディアを賑わせていますが藤木直人さんという人物には非の打ちどころがないように見えるのは私だけでしょうか。

fujiki-naohito

また、もう1つ出演ドラマにちなんでのインタビューに家族への感謝の言葉がありました。

“家族がいてくれるというのは、すごくありがたい話で…。話を聞いてくれることもありますし、そんなこととは関係なしに、家族とは毎日、日常生活があるわけで。その姿を見たり、一緒に生活をするだけで嫌なことを忘れられたり、癒やされたりすることもあります。”

引用元:kyodo.co.jp

こうした家族への思いをサラっと自然に答えることが出来るということは、夫婦はお互いによく話し合い理解し子供との距離も絶妙で、藤木家の教育方針が理想的なのではと感心します。




藤木直人の子供の学校はどこ?

fujiki-naohito

さらに深堀りして、藤木直人さんの子供さんたちの学校について調べてみました。有力とされる情報としては、和光幼稚園ではないかという事です。

そして、そのままエスカレート式に和光学園系列の小学校、中学校と進んでいるのではないかとされています。

二人のお子さんは和光学園系となっていますが、一人のお子さんだけは違うようで野球をするために早大学院か明大中野かと噂されていました。

藤木直人さんが早稲田大学の出身ですから、早大学院の方なのかも知れません。あくまでも噂レベルであることを明記しておきます。

藤木直人さんが家族とのコミュニケーションを取る上で大事にしていることのお話をされていましたので、ここでご紹介しましょう。

“家族と過ごす時間は多いので、コミュニケーションは取りやすいほうだと思います。でも、子育てって、正解が分かりづらいというか“答え合わせ”が来るのは、将来じゃないですか。それも、子どもが20歳になったとき? 30歳になったとき? と考えると分からない。難しいなと思います。

こっちが良かれと思って言ったアドバイスも、だんだん聞かなくなってくる。とはいえ、自分のことを振り返ってみたら、親を「うっとうしいな」と思う時期はありましたし。生まれたときから、当たり前に親はいて無償の愛を注いでくれたけど、自分が親になってみると、それが当たり前ではない。親になって、改めてそのありがたみを知りました。”

引用元:kyodo.co.jp

藤木直人さんの小学生の頃は一度も勉強しろとは言われなかったけれど、中学生になってさすがに勉強しろと言われるようになったとも話されています。

子育てに正解が分からないのは世の常で、そのことが分かったら何も苦労はしないでしょう。

少しだけではありますが、藤木直人さんの家庭内でのお話を読むにつけ、お子さんたちは順調に成長しているように思えてなりません。

fujiki-naohito

最後に因果応報がテーマのドラマでのインタビューで藤木直人さんは次のように話していたのでご紹介します。

“人生の中で良いことと悪いことがプラスマイナスでイーブンになるのかなと思うぐらいです。だって悪いことが起きた時に、“それは前世の行いがよくなかったからだよ”とか、“子供のころに虫を殺しちゃったからだ…”みたいなことを言い出したら、きりがないですし(笑)。でも、因果応報という言葉で行動を戒めるという意味ではすごく理解できます。“神様が見てるよ”じゃないですけど、道徳的なことも含めて、悪いことをしたら、自分にかえってくるという気持ちを持っていることは大切ですしね。”

引用元: TV LIFE web

藤木直人さんの根幹の藤木哲学を感じられるお話で、子供たちへの接し方、言葉のかけ方、行動全てがここに集約しているように思えました。




まとめ

藤木直人さんのご家族については分からないことが多く、子供さんの性別も一男二女と書かれているものもあったくらいです。

ファンクラブ向けに第三子について誕生報告の発表はありましたが、ここでも性別は非公表となっていたので一男二女とは言い切れません。

なので、子供さんの生年月についてはファンクラブ向けに発表されたことが公になった訳で、何故子供さんの生年月がこんなにはっきりしているのだろうと言う疑問には合点がいきました。

今後どの道に進むのか分かりませんが、家族とのコミュニケーションを深め、それぞれのお子さんの気持ちも汲みつつご夫婦で道標となって最良の道へと導いていかれるのではないでしょうか。