政治

大村知事の任期はいつまで?リコールはなぜ?理由や支持率まとめ!

愛知県の大村知事に対するリコール運動が勃発しました。なぜ?そんなことになったのでしょうか。その理由や支持率についてもまとめてみました。

そして大村知事の任期についても合わせてチェックしておきたいと思います!

   

大村知事の任期はいつまで?

リコール運動が勃発している愛知県・大村知事ですが、任期はいつまでなのでしょうか?

2020年6月現在は3期目に入っています。

  • 第1期(2011年 – 2015年)
  • 第2期(2015年 – 2019年)
  • 第3期(2019年 – )

第3期の任期は

  • 2023年2月14日まで

となっています。

ただ、大村知事にはリコール運動が起こっているんです。なぜそんなことになっているのでしょうか。

大村知事にリコールはなぜ?理由まとめ!

愛知県の大村知事にリコール問題が勃発しています。いったいなぜなのでしょうか?

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」において、昭和天皇の肖像を燃やすような動画の展示があったとされています。

あいちトリエンナーレ2019とは

  • あいちトリエンナーレ2019開催から2日後の2019年8月3日、実行委員会会長として企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決定した。
  • 同年8月5日、企画展の内容を疑問視する名古屋市長の河村たかしに対し、「公権力は、市民の思想信条に関与することはできない。表現の自由は戦後民主主義の根幹だ」と反論した。この発言後、大阪府知事の吉村洋文は「大村知事は辞職相当だと思う」と述べ、河村支持を表明した。また大村は、開催日の翌日に補助金交付取り消しをにおわせた菅義偉官房長官や、2019年9月26日に補助金交付決定をくつがえした文化庁に対し、争う姿勢を示した。
  • 同年9月10日、県のホームページに自身の考えをまとめた文書を掲載。河村の言動について、「首長としての行為や発言と、個人的な行為や発言とは厳に区別されるべきで、自らの思想や信条をそのまま具体的な職務執行やその要求に直結させることには疑問を持たざるを得ない」と述べた。
  • 2020年5月20日、河村は、あいちトリエンナーレの名古屋市の負担金につき、未払いの3,380万円を支払わない方針を正式に決定。これを受けて大村は「正当な手続きを経て確定した名古屋市の負担金、行政の債務を、何の理由もなく一方的に不払いとすることは許されません。事実は曲げられません。後世の歴史の検証に恥じないように、正義を貫いて参ります」と自身のTwitterに投稿。大村が会長を務める芸術祭実行委員会は5月21日、名古屋市を相手取り3,380万円の支払いを求めて名古屋地裁に提訴した。

引用元:Wikipedia

そもそもこの「あいちトリエンナーレ2019」は2019年8月に開催されたのですが、この負担金の未払い3380万円を名古屋市は支払わないとする一方、大村知事は「正当な手続きを得て確定した名古屋市の負担金は、理由もなく不払いとすることは許せない」と争う姿勢います。

そこに登場したのが、高須クリニックの高須院長です。

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが2日、愛知県の大村秀章知事をリコールするため政治団体を立ち上げたと発表した。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」をめぐり、「税金から補助を与えるのが一番許せない」と述べた。

この発表を受けて、なぜか大阪の吉村知事も支持を公表していましたが、大阪市長である松井市長から大阪府のことだけに注力するよう注意をされたため、コメントを取り消しました。




2020年6月現在|大村知事の支持率は?

では、リコール騒動が起こっている大村知事の現在(2020年6月)の支持率を見てみたいと思います。

総理大臣ではないので具体的な支持率は出ておりませんが、今回のリコール問題について、SNSでの支持率をチェックしてみましょう。

高須院長が出てきたことに理解不能という声も。

高須クリニックの院長は愛知県民ではないんですね。

そして、SNSにおける支持するツイートがこちら。

こうしてみていると、意外と愛知県民の方は冷静でおられるように思います。

「#大村知事リコールに反対します」が「#大村知事のリコールを支持します」のツイート数を上回っています。

大村知事をやめさせるかどうかの判断をするのは、最終的には愛知県民の方ですので、静観しておきたいと思います。




さいごに

愛知県の大村知事の任期やリコール問題、支持率についてみてきました。

SNSでは、リコールを支持する声も多くある一方、リコールを反対するといった声も多くありました。実際、愛知県民の方の中には支持をされている方が多くいることも分かりました。

なお、リコールには86万人の方の署名が必要です。果たして結果はどうなるでしょうか。高須院長による募集の開始は8月上旬からです。